コラム一覧

アートレザーのトップブランド FRUTTI DI BOSCO

とある映画女優から“わがままな”オーダーを受けてバッグをデザインしたことから生まれた、代官山バッグブランドFRUTTI DI BOSCO。ブランド誕生からおよそ5年後のこと。イタリアを訪れていたデザイナーが偶然目にしたのは、当時では珍しかった、まるで1枚の絵画のように美しい豊かな色彩を持つレザーの数々でした。初めてそのレザーたちを目にした時、デザイナーが思わず口にした「まるで...

もっと読む>>

FRUTTI DI BOSCOが考える、“2つのわがまま”。

FRUTTI DI BOSCOのすべてのアイテムは「公式WEBショップ」と「代官山本店」でのみ販売しており、百貨店やセレクトショップでの販売は行っておりません。その理由は、バッグやウォレットに使用しているレザーにあります。私たちが使用しているレザーのほとんどは、レザーの本場イタリアで生まれた「アートレザー」。まるで1枚の絵画のように美しいレザーたちの中から選ばれるのは...

もっと読む>>

デザイナーがひとめぼれした、“ラメの芸術”。

『どこにでもあるようなものなら、いらない。』FRUTTI DI BOSCOのレザー選びにおいて、何よりも大事にしているのは、デザイナーの「わがままな想い」。数多くのレザーを目にしてきた彼女の心をときめかせるものは、世界中を探しても、そう多くはありません。こちらでご紹介するのは、デザイナーが“0.2mmの芸術”と呼ぶ...

もっと読む>>

世界のラグジュアリーブランドさえ虜にする、パイソンの魔力。

一般的にパイソン(蛇革)といえば、主張が強く、取り入れ方が非常に難しいというイメージを持たれる方も多いでしょう。また高級皮革として扱われるだけあって、どのアイテムも非常に高価なものばかり。それでもなお、世界のラグジュアリーブランドたちはシーズンごとに様々なパイソンレザーのアイテムを発表します。いったいなぜでしょう。その秘密は、パイソンだけが持つ...

もっと読む>>

リボンがあれば、“いつも”が特別な瞬間に変わる。

いくつになっても、プレゼントは嬉しいもの。心を込めて選んだアイテムが、綺麗にラッピングされた後、仕上げにくるりとリボンが結ばれる。たったそれだけで胸がときめいてしまうのですから、リボンにはきっと、“いつも”を特別なひと時に変えてくれる、魔法の力があるのかもしれません。...

もっと読む>>

それはまるで、夜露にきらめく森の果実。金具をオリジナルで作り続けている理由。

“わがまま”は、ファッションやカルチャーの世界で女性たちを輝かせてきたエネルギーの源泉です。中でもFRUTTI DI BOSCOが特に大切にしているのは、『どこにでもあるようなものなら、いらない。』というわがまま。そんな思いと共にこれまでにFRUTTI DI BOSCOでは、金具をオリジナルで作り上げてきました。バッグをお仕立てするのは、一つの作品を作り上げるのと同じこと。だから金具からこだわって作り上げていくことは、バッグブランドとしてはむしろ当然のこと...

もっと読む>>

“カメオ・ロール”にご注目。 名脇役なベビーカーフ特集

映画の出来を左右する要素はたくさんありますが、その中でも大切な要素の一つが“脇役”。怠け者の探偵をサポートするワトソン君しかり、名作にはいつも名脇役がつきもの。“カメオ・ロール”はそんな脇役たちの中でも、物語の大事な場面で現れる、“特別出演”の役者を指す言葉です。FRUTTI DI BOSCOにとってそんな“カメオ・ロール”とも呼ぶべき存在が、多くのウォレットに使用しているベビーカーフ(ハラコ)..

もっと読む>>

 
 
 
 
 
 
           
 
 
 
 
 
 
           
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トップページへ>>