“ V.I.Pレザー ” で仕立てるバッグ特集

“V.I.Pな”レザーを求めて。

世界のトップメゾンも愛用する、
イタリア生まれの上質なレザー仕立てるバッグ特集

“まだ誰も見たことがないもの”を
求めて「レザーの祭典」へ。

イタリアで開催される世界最大級のレザーの展示会「LINEAPELLE(リネアペレ)」。世界中のタンナーが腕によりをかけて、その年のトレンドを反映した色彩豊かな最新レザーたちがずらりと並ぶ様子は、まさに「レザーの祭典」です。

世界中のレザーを見ているFRUTTI DI BOSCOのデザイナーにとって、この「リネアペレ」は、“まだ誰も見たことの無い“レザーとの出会いの場でもあります。

会場をめぐり歩いていると、すっかり顔なじみになったタンナーから声を掛けられることも多く、「このレザーをアレンジして、特注レザーを作ってみない?」と持ちかけられたり、またはブースの奥からこっそりと、表には出していない秘密のレザーを見せてもらったりすることも。

今回ご紹介するのは、世界のトップメゾンが扱うような、レザーの本場イタリアが誇る上質なレザーや、FRUTTI DI BOSCOのためだけに特注した“V.I.Pレザー”で仕立てるバッグたち。

世界のトップメゾンが扱うような、あまりお目にかかることのできないレザーを、たっぷりと贅沢に使ってお仕立てしたバッグたちの魅力を、こっそりとご紹介いたします。

『影は、女優のドレス。』

たっぷりとしたドレープが生み出す曲線の美しさは、繊細な影のグラデーションの上でこそ生きてきます。影の魅力を引き出すには、レザーの表情は何より大切。

自然な奥行を感じさせてくれて、ドレープをさらに際立たせる光沢があって、豊かな曲線を自分自身でも描き出すような、しなやかなレザーを…。そんなデザイナーの『わがまま』を叶えてくれるレザーは、世界中探してもそうそう見つかるものではありません。デザイナーが数あるレザーの中から選び抜いたのがイタリア『マストロット』社のレザーでした。

きゅっとしまったシボ感に、品のあるガンメタのきらめき。オイルをたっぷり含んだ肉厚のレザーは、しっとりと吸い付くような柔らかさもありながら、影が引き立つしなやかな曲線を生み出します。

 

きらめくラメが、隠し味。
秘密の深海フレーバー。

幼いころ物語で読んだ、人魚姫が暮らす海の世界。色とりどりの魚たちや輝くパール、そして色鮮やかなサンゴたちに囲まれて、毎日が自由気ままで楽しくって。

そんな人魚姫も夢中にさせる深海の果実「マーメイドベリー」を、レザーで表現することができたら…。デザイナーのそんなわがままな願いを叶えたのが、レザーの本場イタリアで出会った『MARTINI PIO』社のレザーでした。

美しい海のように透明度の高い、キップのエナメルレザーに散りばめたのは、きらめくマリンブルーと、地上の光が反射するかのように輝くシルバーのラメ。いくつものラメが重なり合い、細やかな輝きを放つ姿は、まるで目の前で水しぶきがしゅわしゅわと弾けているかのようです。

甘酸っぱくて爽やかで、ちょっぴり刺激的。口に入れた瞬間、しゅわしゅわと泡の弾ける音が静かに聞こえてきそう。人魚姫も虜になった「マーメイドベリー」の味わいを、心ゆくまで味わえるイタリアンレザーです。

 

永遠に眺めていたい、薔薇の輝き。

グラスからキラキラと輝く泡が立ちのぼり、まるで宝石のように永遠に眺めていられる。そんな薔薇のシャンパーニュをイメージして、イタリアのタンナーに特注して製作した、薔薇のラメで満たされたこちらのレザー。

バッグの下の方からグラデーションになるようにきめ細かなラメを施し、光を受けるとレザーの奥からキラキラと輝きが浮かび上がってきます。その姿はまるで、グラスの底から絶え間なく泡が生まれてくるよう。

全身で薔薇のシャンパーニュの輝きを浴びるみたいに、幸せな気持ちで心ゆくまで満たしてくれる、世界でもFRUTTI DI BOSCOでしか出会えない特注レザーです。

 

夢見るように、過ごしたい夜がある。

眠りにつく前にひと口たしなむと、素敵な夢を見させてくれるというリキュール“クイーンカシス”をイメージして、イタリアのタンナーがカシスカラーに染め上げることで生まれたカラー。

ただ染めるだけでなく、箔を施すことで光沢をまとわせ、まるでグラスが月明かりを受けてキラキラと輝き出すように、輝きをまとうメタリックレザーをたっぷりと使用し、夢のような夜へと連れていってくれるリボンバッグです。

 

女優の魅力を引き出す“影”がテーマのレザー「レディシャドウ」をたっぷりと使用したリボンバッグ。

大きな特徴は、肩にかけた時に際立つ大きなリボンモチーフ。肩にかけて、体の横にぴったりと持つことの多いトートバッグだと、印象に残りにくい「後ろ姿」も華やかにみせてくれる最後のワンポイントです。

ぜひ斜め後ろ、45度から見ていただきたい。クラフトマンたちの手仕事により、一目見たら忘れられないリボンバッグができました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           
 
 
 
 
 
 
           
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トップページへ>>